トルーレイキ法

 

健康教室 万病は背骨の歪みが原因

2011年09月08日
背骨

背骨(脊椎)は生命活動の要

  背骨は、人体において極めて重要な役割を果たしています。
   背骨は肋骨とつながって、肺などの臓器を保護している。
   背骨は身体の柱であり、脊髄(脳の一部)を保護している。
   姿勢を維持する役割を担っている。
   髄液(頭蓋骨と仙骨の間を循環している体液)の通路になっている。
   血液を作る。
   カルシュウムの貯蔵庫になっている。
   生体電流の中継点になっている。
   末梢神経の起点になっている。
等の役割がありますが、健康面から見ますと、主に、
   1.身体の支え
   2.神経の通り道
としての役割が重要になってきます。

身体の支え

  右図から分かりますように、背骨は、姿勢を維持するために緩いS字カーブになっており、これが重力加重に対するクッションの役割を果たしています。言い換えますと、背骨は、重力や運動による負荷を全身に分散することによって生命活動を維持しています。

  従って、(腹筋より背筋が弱過ぎる)猫背は、負荷の分散が適切にならず、しかも肺などの内臓を圧迫する形になりますので、良くない姿勢です。特に、頭を前に出していると負荷が首にきますので、首の筋を硬直させ、その反動が心臓や脳にきます。(将来、心筋梗塞や脳梗塞などの病気になる可能性を高めます。)頭の重さは、成人で体重の10%〜13%位といわれていますので(俗説です)、頭が前に出ていますと男性で6kg前後の重さを常に支えていることになります。(体積から頭の重さを推定すると、男性の場合、大体、4kg〜6kg程度だろうと思います。)
  なお、反り腰というのがありますが、これは、背筋に比べて腹筋が大変弱いことを意味します。

神経の通り道

  背骨には、脳の一部である脊髄中枢神経が縦断しています。従って、背骨の歪みはこの神経機構の障害を生む原因になります。仙骨と頭蓋骨の間を循環している髄液の流れにも影響を及ぼす場合があります。従って、背骨の歪みは、様々な傷害を生み出すことになります。

万病は背骨の歪みが原因

  自律神経は背骨、骨盤を通っていますので、背骨の歪みは自律神経の異常を生じさせます。逆に、自律神経が異常であれば、背骨、骨盤を歪ませます。そのため、以下のような流れで病気になります。

   自律神経の異常は、背骨、骨盤を歪ませる
         ↑↓
   背骨、骨盤の歪みは自律神経に影響する
         ↓
   血液・リンパ液の流れを阻害する
         ↓
   対応する臓器に影響を与える
         ↓
   各種病を引き起こす

「背骨はその人の人生の鏡である」

  これは、野口晴哉先生の言葉で、「背骨(骨盤)を見ることにより、現在の病気と将来起こりうる病気が分かる」ということです。

トルーレイキ法
健康教室