トルーレイキ法

 

健康教室 - 生命体は流体である

生命活動の基本

 ここでは、生命活動の基本を説明して、身体の変調の原因を理解していただくことを目的にしています。さらに、死ぬまで健康でいられる方法、つまり、深刻な病気にならない方法やそのような病気になる予兆の見つけ方などについて説明していく予定です。

 健康の基本は、社会活動と同じで、体内を流れるエネルギー、食料、情報の流れに乱れがないことです。つまり、血液・リンパの流れに乱れがなければ、健康な身体であり、乱れがあれば、身体に変調を起こしていると言えます。

 生命体は流体であると理解した方がよく分かります。生命活動は流体の流れによって支えられています。ミクロ的に見ても同じです。細胞内でも流体の流れである原形質流動があります。

 RNAやタンパク質などが生命の維持・活動の基本ですが、それらが役割を果たすには、水が主体である正常な流体の流れが不可欠になります。レイキやヒーリングで、DNAを変えられるという話しがよく出てきますが(現在の生命科学を否定した考えです)、生命活動で重要なのは、RNAであって、DNAは単なるデータバンクと考えた方が良いだろうと思います。

 身体の状態を見るもう一つの方法は自律神経の不調(異常)を調べることです。自律神経は、内臓・血液の流れと大変密接な関係があり、臓器・血流の異常は自律神経に反映されます。逆に、自律神経の異常が続きますと、対応する臓器などに異常が見られるようになります。

 

 

 

 

 

 

トルーレイキ法
健康教室